歯を美しくする治療

歯を美しくする治療とは

歯の治療とはお口の病気を治療することを目的としていますが、歯を美しくする治療では元々の歯の機能を高めながらバランスのよい歯の形や歯並びをデザインし、美しく健康な歯を作る事を目的としています。

保険診療では、材料や技術などの選択肢がごく限られており、見た目も美しく治療するというご要望にはなかなか沿うことができません。
この治療では大部分が自費治療でやや高額になりますが、良い歯科材料や最新の機器を駆使して、患者さんのニーズに沿った治療を行うことが可能です。

次のような方におすすめです

お問い合わせ

月・火・水・金・土
8:30~12:30/15:00~19:00※
(※土曜は18:30まで)

詰め物・被せ物の種類

被せ物セラミッククラウン

歯の土台から被せ物まで、すべてセラミックでできています。

メリット

  • 変色もなく、仕上がりが自然
  • 耐久性がある
  • 金属を使わないのでアレルギーの心配がない
  • 汚れ(プラーク)がつきにくい

デメリット

  • 保険診療 適応外
  • 歯を全体的に一回り小さく削る

詰め物セラミックインレー

セラミックの詰め物(歯を削った穴を埋める材料)です。

メリット

  • 自然な色で詰めているのが目立たない
  • 年数がたっても変色しにくい

デメリット

  • 保険診療適応外
  • 金属のつめものにくらべると、耐久性はやや劣る

その他ラミネートベニア

歯の表面に薄いセラミックを貼り付けたものです。

メリット

  • 矯正などに比べると短期間で治療が可能。
  • 治療後の通院回数が少なくてすむ
  • 「少しだけ治したい」というご要望に最適
  • 仕上がりがナチュラル

デメリット

  • 保険診療適応外
  • 歯の表面を薄く削る
    (歯へのダメージは最小限ですみます)

セレック

最短1日で詰め物・被せ物を作製できます

インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)といったセラミック製の修復物を作製するCAD/CAMシステムです。

3Dカメラを使って患部を撮影したあと、コンピュータで歯列を3Dデータ化して修復物を設計し、そのデータをもとにミリングマシンで削り出します。

コンピュータが設計と作製を行うため、歯科医院内で詰め物や被せ物を製作でき、治療期間の大幅な短縮が可能になります。

治療の流れ

スキャン

治療する部分を削ってから、3D光学カメラで患部を撮影(スキャン)します。型取りによる不快感がありません。
(※症例により型取りが必要な場合があります)

修復物の設計

コンピュータ画面上の3D画像で修復物を設計します。歯の形態や噛み合わせの調整をあらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。

修復物の作製

ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)がコンピュータで設計されたデータを元にセラミックブロックを削り出し、精密に整えていきます。

装着

削り出されたセラミック歯を口腔内へセットし、治療完了です。ここまでにかかる時間は、最短で約1時間です。

ホワイトニング

診療時間

休診日

木・日・祝祭日

お問い合わせ

所在地