ホワイトニング

ホワイトニングとは

最近では一般に広く知られるようになったホワイトニング。麻酔・歯を削る・被せるなどの治療過程がなく、その手軽さから『デンタルエステ』とも言われます。

歯が白くなることで、笑顔の印象はより明るく、清潔感のあるものになります。ホワイトニングであなたも 白い歯を取り戻しませんか?

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、ご自宅で行うホームホワイトニング医院で行うオフィスホワイトニングの二通りの方法があります。どちらの方法もホワイトニング効果に違いはなく、ご自分に合った方法を選択していただけます。

ホームホワイトニング

歯科医師の指導のもとご自宅で行う方法です。

  1. 歯科医院で歯形を取ってご自分にピッタリのトレーを作ります。
  2. 歯を磨いた後、トレーに薬剤を入れて毎日約2時間装着します。
  3. 効果に合わせ 2~4週間続けて頂きます。

自宅で扱いやすいようにマイルドな薬剤となっています。即効性はありませんが、就寝中にできるので日中お仕事でお忙しい方におすすめ。じっくりホワイトニングされるので後戻りが少なく、白さを長く保つ事ができます。

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニング

治療完了までのすべての工程を歯科医院で行います。治療には60~90分ほどお時間を頂きます。

  1. 薬剤が歯ぐきに付かないようにプロテクト剤を塗ります
  2. 歯にホワイトニング剤を塗り10~20分ほど光を照射します。(ホワイトニング剤は光を照射することでより効果的に働きます)

医師による治療のため、成分の強い薬剤を使うことができ即効性があります。すぐに白い歯を手に入れたい方におすすめ。他の歯の治療中の方にも治療の合間に受けていただけます。

オフィスホワイトニング

何故歯は黄ばむのか?

歯は、象牙質の外側にエナメル質があり、表面はペリクルという膜で覆われています。

エナメル質には小さくて細いパイプ状の穴があり、その穴に汚れや食べ物の色素が入り込んでしまいます。この穴の汚れは普段の歯磨きでは落ちきらず歯は歳とともに白さを失うのです。

ホワイトニングのメカニズム

ホワイトニングはエナメル質の中に入り込んだ汚れを落とす治療です。

ホワイトニング剤は歯を保護している膜『ペリクル』を一時的に剥がします。そうする事で、エナメル質の小さな穴の中にまで薬剤が染み込み汚れや着色を落として歯を白くする事ができるのです。

ペリクルが剥がれることで一時的に知覚過敏になることもありますが、ホワイトニング後すみやかに膜は再生し、歯の表面を再び保護しますのでご安心ください。

ページ上部へ戻る