小児歯科

小児歯科とは

小児歯科ではお子様の健康な歯を育てるお手伝いをしています。小児期に歯を大切にするという習慣づけは、お子様が大人になった時身に付けておいて良かったと思う習慣の一つではないでしょうか。

健康な歯を育てるということは、お子様の将来に大きく影響します。乳幼児期から永久歯がはえ揃うまで、しっかりと歯の健康管理をしましょう。

予防することの大切さ

人の口腔器官は平均で18才頃にほぼ完成されると言われています。

まだ乳歯だから大丈夫。とお考えではありませんか? 乳歯は成長過程にあるお子様の顎の発達にも関係し、永久歯の歯並びにも影響します。

体の健康と違って、歯の健康は毎日の正しいケアと、歯科医師の予防技術を合わせることでコントロールでき、病気を確実に予防することができます。予防をしっかりとして、お子様の将来に健康で美しい歯をつなげる事は、親御さんの責任であり重要な役割の一つでもあります。

子供の矯正

子供の歯並びが悪くなる原因

くせ
指しゃぶり・爪噛み・身の回りのものを口に入れる、など。
遺伝
歯の大きさや顎の形は遺伝が影響する場合もあります。受け口や歯の数の異常など遺伝する事が多いようです。
食事
子供の頃から、柔らかいものばかりを食べていると顎の発達不良で歯並びが悪くなってしまいます。また、噛むことは顎の筋肉の運動だけでなく、顔の表情筋も使いますのでお子様の顔つきにも影響があります。

子供の矯正は、健全に成長しようとする本来の力を引き出して行う治療です。早すぎた時はタイミングを待つ事ができますが、遅れてチャンスを逃さないよう、お子様の歯並びが気になったら早めに歯科医にご相談ください。

お子様にも安心な設備

お子様にも安心な設備小さいお子様のレントゲン写真をなるべく少なくしたい御父兄のために、本医院では被爆線量の少ないデジタルレントゲンを設備しております。

また、う蝕診断が難しい初期う蝕の診断器として、ダイアグノデントを導入しております。

ページ上部へ戻る