ブリッジ・義歯

ブリッジとは

比較的少数の歯を失ったときの治療に向いています。

ブリッジは、歯が抜けている箇所 両隣りの歯を削って土台にし、橋渡しをするように人工の歯を入れて無くなった歯の機能を回復する治療法です。

ブリッジの特徴

メリット

  • 保険診療内での治療が可能(材料など一部規定があります)
  • 付けている違和感が少ない
  • 噛む力を維持できる

デメリット

  • 土台となる健康な歯が必要
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 土台となる歯の健康維持がとても重要

部分入れ歯

保険診療内でできるものから、目立たないものなど様々なタイプがあり、お一人お一人のニーズにお応えできます。

クラスプタイプ
クラスプという金属のバネを歯に引っ掛ける方法です。保険診療内の治療では金属のバネが目立ちますが、ホワイトクラスプ(保険適応外)という目立たないバネを使うことも可能です。
コーヌス・テレスコープ義歯
残っている歯に歯冠をかぶせるようにして入れ歯を装着するタイプです。保険適応外です。
アタッチメント義歯
マグネットで入れ歯を固定する方法です。安定性に優れ、目立ちません。保険適応外です。
シリコン義歯
歯ぐきにあたる部分がシリコンでできているタイプです。装着時の痛みや不快感がなくなりますが、汚れやすい欠点もあります。保険適応外です。
スマイルデンチャー
薄くて軽い特殊な樹脂で出来ています。見た目は非常に良いのですが、弾力があるので動きやすく長期的な使用には向いていません。保険適応外です。

総入れ歯

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療になります。

保険診療内の総入れ歯はプラスチック製ですが、保険適応外の総入れ歯には、金属やシリコンなど様々なタイプのものがあります。見た目や 付け心地など、ご自分にあった総入れ歯を選びましょう。

義歯のお手入れ

義歯は お手入れと管理しだいで寿命がかなり違ってきます。長く快適に使用する為に、毎日のお手入れと、定期的なチェックがとても重要です。

部分入れ歯のお手入れ

  • 毎日入れ歯用ブラシで磨きましょう。
  • 週に一度は洗浄剤を使い、殺菌・防臭をしましょう。
  • 残っている歯のお手入れは特に重要です。しっかりケアしましょう。
部分入れ歯のお手入れ

総入れ歯のお手入れ

  • 毎日 入れ歯用ブラシで磨きましょう。
  • 週に一度は 洗浄剤を使い、殺菌 防臭をしましょう。
  • 歯科医院で定期的に 歯ぐきのチェックをしましょう。
総入れ歯のお手入れ

入れ歯が動くなど少しでも不快に感じたら、必ず受診してください。市販の入れ歯安定剤を常用し使い続けると、場合により作り直しが必要となってしまいます。

ページ上部へ戻る